墓石の地震対策

まず始めに、この度、震災に被災された皆様ならびにそのご家族の皆様に心よりお見舞い申し上げます。皆様の安全と被災地の一日も早い復興を心より お祈り申し上げます。

近年、日本各地で地震が発生しています。
それに伴い、墓石の地震対策も重要になってきています。最近は、墓石専用の地震対策用シリコンボンド、地震対策パッド、金具、その他接着剤が数多くあります。墓石の地震対策も日進月歩。次から次へと新たな施工方法や技術の開発がされています。当店では、その時に最適と思われる地震対策の施工を心掛けております。

墓石の地震被害から見える事

墓石の地震被害 最も地震被害を受けやすいのは、仏石です。
重心が高く、台石の上に据えるため、当然の結果となってしまいます。
また、墓地自体が軟弱地盤の場合も被害を受けやすい様です。しかし、同じ墓地でも被害の大きな場所と、ほとんど被害を受けていない場所があります。
この事は、地震被害の報告書や墓地の被害状況写真からも見て取れます。

墓域に対する地震対策

墓石の地震対策にも、多岐にわたる施工方法があるため、石材店ごとに施工方法も違います。

墓地ごとに違う地盤の状態
皆様もご存知の通り、墓地は様々な場所にあります。
・切り土や盛り土された墓地
・川沿い等の軟弱地盤の墓地
・比較的しっかりした地盤の墓地
・あらかじめ地盤改良、基礎コンクリート等の整備をされた墓地
墓石の地震対策において、最も重要となるのが墓域の地盤の状態です。
比較的しっかりした地盤の墓域なら良いのですが、軟弱地盤の墓域の対応は難しい問題があります。
軟弱地盤への現在の対応策として(石材店ごとに違いがあります)
・表面の土を取り除き、砕石と入れ替える。
・ベタコンクリート及び布コンクリート打設をして地盤支持力を上げる。
・表層地盤改良
・コンクリート杭を打ち込む。(長さ1m以下)
・その他、特許取得された工法等あります。

石碑、石塔に対する地震対策

  墓石専用免震パッド ここ十数年前までは、墓石建立の際はセメントとジョイント金具を使用した施工方法が大半を占めていました。中でも墓相のお墓に関しては(墓相家により違いはありますが)セメントも使用してはならない場合もありました。
近年、台石や仏石の据付の際に使用されているのが、地震対策パッド、変成シリコン、ブチルゴム製品が中心になっています。

当店の地震対策

ジョイント金具 これまで、ご説明してきた内容を考慮し、お客様とご相談をしながら最善の施工を行います。
本当に必要な施工は何なのか?墓域の状況や建てる墓石の大きさや形により施工方法も違ってきます。また将来、改葬の際に墓石の移転、永代供養等をされる可能性もあるかと思います。その様な事を総合的に考えた対応を心掛けております。

Copyright(c) 2008-2013 maeda sekizaiten All Rights Reserved.