お墓の移転(改葬)

墓石改修工事には、墓石の改葬(移転)をはじめ、外柵石の作り替え・永代供養による撤去・戒名及び法名等の追加彫り・花筒、香炉の交換・墓石の清掃等、色々とございます。
事例の一部をご紹介致します。

工事事例1

 
改修前 改修後
改修前 改修後

改修前のお墓は、墓域を玉石で囲い、尺角二段と八寸二段の墓石が建てられていました。
また別の場所にも、尺角三段の墓石があったため、同じ墓域内でご先祖様をお祀りされる事になりました。

  • 改修前の尺角と八寸の仏石は、永代供養して頂けるお寺に安置致しました。
  • その他、台石、玉石、残土等は、適正に産廃処分致しました。
  • 整地後、外柵石、納骨石を据え付けます。(納骨室の石は尺角三段の石を加工し使用)
  • 別の場所に建てられていた、尺角三段の墓石を二段にして据付け、新しく八寸角二段の墓石をお建てになりました。
  • 新しくお建てになった墓石は納骨しやすい加工をしてあります。

工事事例2

 
改修前 改修後
改修前 改修後

こちらの事例は、墓石の改葬(移転)です。
故郷のお墓にお参りするにも遠いため、近くの墓地に改葬して、お参りしたい。とご依頼頂きました。

  • 改修前の九寸角三段墓石を取り外し、墓域を囲っていたブロック、割栗石等を適正に産廃処分致しました。
  • 取り外した墓石を工場で加工、清掃しました。(文字や家紋は白ペンキを入れ直しました。)
  • 仏石には、法名等を追加彫り致しました。
  • 移転先の墓地に新たに、外柵石を据え付け、墓石を建て上げました。
Copyright(c) 2008-2013 maeda sekizaiten All Rights Reserved.