ペットのお墓

ペットのお墓 近年、たくさんの方がペットを飼われています。
ペットを飼われている方の多くが、癒される・気がまぎれる・家庭が明るくなった・楽しみが増えた・等々、無くてはならない存在になっています。
ペットを飼われている方にとっては、家族の一員と言えるのではないでしょうか?
こちらでは、そう言った思いを形にされた事例を、少しご紹介させて頂きます。
(こちらで紹介させて頂くペット墓に納骨等はされておりません。)

施工事例1

ペットのお墓(感謝の碑) こちらは、奥様のお墓をご建立の際に、奥様が寂しくないようにと、旦那様からご依頼いただきました。
飼われていた愛犬の写真を黒御影石に影彫りし、ピンク色の御影石と組み合わせました。
「奥様に良く見えるように、石塔と向かい合わせに設置したい」と言うご依頼でした。
こちらのわんちゃんが、ご家族にとってとても大切な存在なのだと感じました。

施工事例2

伝助くんのお墓(感謝の碑) こちらは、伝助君の(感謝の碑)です。
当初、ご相談頂いた時点で施主様のイメージやこだわりが、はっきりとされており、ご自分で書かれた詳細な寸法や格好の図面をご用意されておりました。
石碑の黒御影石の加工は、正面中央に「DENSUKE」の名前と生年月日、没年月日を刻み、その下に施主様がご用意されたカサブランカのイメージの影彫りをし、左右側面にはカラーの花をイメージした彫刻を施してあります。
石碑の下の台は、イタリア産の大理石を使用し、施主様がご用意されていた”ブロンズのプレート”をはめ込んであります。プレートにはイタリア語で伝助君への感謝のメッセージが刻まれてあります。
大理石は御影石に比べ劣化しやすいので、日差しや風雨のあたるお墓には不向きと言われています。しかし、大理石には御影石にない素敵な色や模様があります。そちらをご説明した上で、こちらの大理石をお選び頂きました。
劣化を少しでも抑えれるように、コーティング処理を施しました。
建立後に施主様が、「これから石の変化も楽しみながらお参りします。」のお言葉が印象的でした。

施工事例3

ペットのお墓(感謝の碑) こちらは、当家のペット墓です。
当初は室内に設置し、お参りしておりましたが、当家のお墓建立の際に、墓地管理者の方にお許しを頂き、現在は、お墓の片隅に設置、お参りしております。
背面には、今まで飼ってきたペットの名前を刻み、これまで自分たちの支えになってくれていた事に感謝をしています。

Copyright(c) 2008-2013 maeda sekizaiten All Rights Reserved.