累宝塔

累宝塔の名称は、比叡山延暦寺で住職をされていた山田恵諦座主が発案されました。
累宝塔は六角形の墓塔で原型は東大谷にある六角堂です。
六角柱の中に円柱型の仏石があり、その仏石に法名が刻まれています。
累宝塔の特徴は戒名や法名を中にある仏石に刻むことで、宗旨や家名が違っていても違和感が無く、仏石はいつまでも綺麗な状態で保たれるところです。
この様に累宝塔は、先人の知恵が生み出した素晴らしい宝塔です。

地盤改良

地盤改良
コンクリート打設に不要な土を取り除いた後、さらに深部にある土と改良材を混ぜ合わせる事で、コンクリートの様な強度のある土になります。

コンクリート打設

コンクリート打設
地盤改良工事から数日後、型枠、鉄筋を配置しコンクリート打設(高さ20cm)します。
地盤改良
コンクリート打設後の写真。納骨室を設置する位置は地中に通じるようコンクリートを打っておりません。

巻き石の設置

巻き石の設置
コンクリートの上にモルタルで巻き石を据え付けます。石を固定するためにモルタルの接地面に接着剤を塗布します。
地盤改良
石と石の接地部分はステンレス金具、石材専用コーキングで固定しています。

地盤転圧

地盤転圧
タンピングランマで砕石を締め固めます。

芝台石の設置

芝台石の設置
芝台石を据え付けるための基礎コンクリート(高さ10cm)を打ちます。
地盤改良
およそ(幅90cm)(奥行90cm)(高さ20cm)の大きな1枚石の芝台石を据え付けます。中心部分は納骨できるよう切り抜き、お骨が土に還るように綺麗な土を敷き詰めてあります。

板石の設置

板石の設置
墓域全体に板石を据え付けます。普段お参りに使う通路はバーナー加工で滑りにくくしています。それ以外は綺麗な状態が保たれるように磨き加工を施しています。

玉垣の設置

玉垣の設置
玉垣を据え付けます。柱石、羽目石の設置部分はステンレスピンを差し込み、石材専用コーキングで固定しています。

物入れ箱の設置

物入れ箱の設置
物入れ箱の設置
清掃道具などを収納できる、扉で開閉できる石製の物入れ箱です。

累宝塔の建立

累宝塔建立
クレーンを使用して累宝塔を建てていきます。
累宝塔建立
台石、仏石の設置部分は耐震パッドと石材専用コーキングで固定し、地震対策しています。
累宝塔建立
累宝塔建立
法名を刻んだ円柱型の仏石。
累宝塔建立
仏石正面に浄土真宗の御本尊である南無阿弥陀佛の御名号を刻んであります。

累宝塔完成

累宝塔建立
累宝塔建立
累宝塔建立
およそ一年間、安藤様と打ち合わせを重ねて行く上で累宝塔をご要望頂き、この度無事に完成いたしました。私共にとっても大変貴重な経験をさせて頂きました。この度は当店にご用命頂き誠にありがとうございました。
累宝塔建立
累宝塔建立
完成写真が夕暮れ時のため見えにくいので、建碑式後の写真を載せさせて頂きます。

Copyright(c) 2008-2013 maeda sekizaiten All Rights Reserved.