石の種類

墓石に使用される石の大半が「花崗岩」で、主に御影石と呼ばれています。
また、黒御影石と呼ばれるものの多くは、「斑レイ岩」や「閃緑岩 」に分類されます。
石の色も様々で、赤やピンク、茶色や緑色をした石もあります。
主に墓石で使用されているのは、グレー色の「花崗岩」で、一見、同じように見えてしまうかもしれませんが、石の雰囲気や品質も様々です。
お客様に、安心して石をお選び頂ける様、施工実績や資料等を参考にご説明致します。
また、日本の石に関しましては「石材産地証明書」を、お渡ししております。
(※下記でご紹介する石画像は、ご参考程度にご覧ください。)

吾妻みかげ(日本の銘石)

吾妻みかげ(日本の銘石) (産地)宮城県
【石質・特徴】
・吸水率の低い石に比べて多少吸水しますが、水はけも良いため、経年変化も少ないです。
・グレー色の石の中でも、とても落ち着いた色合いをした石です。
・国産材の中では、比較的お値打ちな石です。

紀山石(日本の銘石)

紀山石(日本の銘石) (産地)福島県
【石質・特徴】
・細目の白御影石で、吸水率も比較的低く、粘りのある石です。
・細目の粒子がはっきりしている綺麗な石です。
・国産材の中では、比較的お値打ちな石です。

滝根みかげ(日本の銘石)

滝根みかげ(日本の銘石) (産地)福島県
【石質・特徴】
・中目の白御影石で、吸水率が低く、艶もちの良い石です。
・石目に個性があり、好みが分かれます。
・国産材の中では、比較的お値打ちな石です。

深山ふぶき(日本の銘石)

深山ふぶき(日本の銘石) (産地)福島県
【石質・特徴】
・濃いグレー色の中目の御影石です。
・白色の石(長石)が吹雪のような模様をしているところから、名付けられました。
・高級感があり、国産材の中では比較的お値打ちな石です。

稲田石(日本の銘石)

稲田石(日本の銘石) (産地)茨城県
【石質・特徴】
・中目の白御影石で、石質は硬く艶の良い石です。
・日本の歴史的建造物にもよく使用されています。
・墓石では主に外柵材として使用されます。

真壁石「小目」(日本の銘石)

真壁石「小目」(日本の銘石) (産地)茨城県
【石質・特徴】
・細目の白御影石で、密度が高く研磨面が美しい石です。
・多少の吸水はありますが、年数が経つにつれ趣を感じます。
・白玉が出やすい傾向があります。
・国産材の中では、比較的お値打ちな石です。

万成石(日本の銘石)

万成石(日本の銘石) (産地)岡山県
【石質・特徴】
・ベージュ色の御影石です。
・吸水率が低く、硬質な石です。
・洋墓やデザイン墓にもお勧めです。
・墓石の他に、記念碑や建築材にも使用されています。

北木石「中目」(日本の銘石)

北木石(日本の銘石) (産地)岡山県
【石質・特徴】
・中目の白御影石で、以前は多くの著名人が北木石の墓石を建てています。
・錆により変色する場合があります。
・墓相墓によく使用されていました。

庵治石「細目」(日本の銘石)

庵治石「細目」(日本の銘石) (産地)香川県
【石質・特徴】
・日本を代表する、最高級墓石材。
・石質は硬く、吸水性も低く耐久性にも優れています。
・庵治石「細目」には、斑(まだら模様の濃淡)が浮く特徴があります。
・研磨による石の艶が非常に美しいです。
・価格も最高級ですが、価格に見合った価値があります。

庵治石「中目」(日本の銘石)

庵治石「中目」(日本の銘石) (産地)香川県
【石質・特徴】
・「庵治石細目」に比べ石目が粗く、石色も白いです。
・「庵治石細目」に石質は似ていますが、経年劣化による錆の出る場合があります。
・価格は「庵治石細目」に比べお値打ちです。

大島石「特級」(日本の銘石)

大島石「特級」(日本の銘石) (産地)愛媛県
【石質・特徴】
・高級墓石材の一つで、特級と一級があります。
・特級は石目が細やかで青みがかっており、一級は特級に比べ石目がやや大きなものを言います。
・石質は硬く、吸水率も低いです。
・高価ではありますが、お勧めできる墓石材です。

内垣石(日本の銘石)

内垣石(日本の銘石) (産地)福岡県
【石質・特徴】
・九州を代表する高級墓石材の一つです。
・石目は細かく深い青みを帯びており、高級感が漂う石です。
・石質は硬く、吸水率も低いです。
・全国的にはあまり知られていませんが、九州地方では高級墓石材として有名です。

唐原石(日本の銘石)

唐原石(日本の銘石) (産地)福岡県
【石質・特徴】
・淡い薄桃色の優しい色合い石です。
・石質は硬く、吸水率も低いです。
・とても落ち着いた雰囲気を感じる石です。

天山石(日本の銘石)

天山石(日本の銘石) (産地)佐賀県
【石質・特徴】
・石目は中目で深く青みを帯びています。
・天山石は、石が非常に硬質です。
・石の硬さは墓石材の中でも最高ランクで吸水性も非常に低く、石の艶も美しいです。
・経年劣化しにくい石です。

椿石(日本の銘石)

椿石(日本の銘石) (産地)佐賀県
【石質・特徴】
・天山石と同じ天山山系付近で採掘されていますので、石質は天山石と良く似ています。
・天山石に比べ、少し白みがあります。

アーバングレー(インドの銘石)

アーバングレー(インドの銘石) (産地)カルナタカ州
【石質・特徴】
・石の産出が安定しています。
・石質は硬く、吸水率も低いです。
・インド材の中では、比較的お値打ちな石です。

ニューインペリアルレッド(インドの銘石)

ニューインペリアルレッド(インドの銘石) (産地)カルナタカ州
【石質・特徴】
・代表的な赤御影石です。
・石質は硬く、吸水率も低いです。
・墓石の他に建材やモニュメント等にもよく使用されています。

M1-H(インドの銘石)

M1-H(インドの銘石) (産地)アンドラプラディッシュ州
【石質・特徴】
・インドを代表する緑色の御影石です。
・石質は硬く、吸水率も低いです。
・石の艶も美しく、高級感の漂う石です。

マハマブルー(インドの銘石)

マハマブルー(インドの銘石) (産地)ケララ州
【石質・特徴】
・紫色の中に青色が混ざり合った流れ模様のある石です。
・主に洋型墓石やデザイン墓石に使用されています。
・バハマブルーとも呼ばれます。

K-12(中国の銘石)

K-12(中国の銘石) (産地)黒龍江省
【石質・特徴】
・中目の御影石で、艶もちの良い石です。
・石質は硬く、吸水率も低いです。

中国桜御影(中国の銘石)

中国桜御影(中国の銘石) (産地)福建省
【石質・特徴】
・代表的な桃色の御影石です。
・優しい色合いをしており、主に洋型墓石やデザイン墓石に使用されています。
・若干の吸水があります。

オリーブグリーン(南アフリカの銘石)

オリーブグリーン(南アフリカの銘石) (産地)南アフリカ
【石質・特徴】
・緑色の石で、オリーブグリーンには「ライン」と「フラワー」があります。(写真は「フラワー」)
・石の模様が幻想的です。

バイオレットブルー(ウルグアイの銘石)

バイオレットブルー(ウルグアイの銘石) (産地)ウルグアイ
【石質・特徴】
・石目に透明感があり石の艶が美しい石です。
・石質は硬く、吸水率も低いです。

ビアンコカララ(イタリアの銘石)

ビアンコカララ(イタリアの銘石) (産地)イタリア
【石質・特徴】
・イタリアを代表する白大理石です。
・大理石は屋外では風化が早いため墓石材には向きませんが、御影石に無い美しさがあるため、墓石では主にデザイン墓石に使用されています。

Copyright(c) 2008-2013 maeda sekizaiten All Rights Reserved.