墓石改修工事

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

墓石改修工事とは主に、既存の墓石が数多くあるものを一か所にまとめたり、墓石の傾きを直す工事、また外柵の破損修理など既存墓石を改良する工事のことです。

墓石改修工事一例

こちらでは、既存墓石をまとめる工事の一例をご紹介いたします。

打ち合わせ(現地確認)

墓石改修工事(打ち合わせ)
お電話やご来店をして頂きまして、ご都合をお伺いし打ち合わせをさせて頂きます。
作業内容によりお店で打ち合わせする場合と、現場で打ち合わせする場合がございます。
お客様のご要望をお伺いした中で、私共からもご提案させていただきます。

図面、お見積りの作成

墓石改修工事(図面作成)
打ち合わせ内容の図面、お見積りを作成いたします。
内容に修正があれば、図面、お見積りの修正をいたします。
図面、お見積りは無料で作成いたします。

既存墓石の解体工事

墓石改修工事(解体)
外柵石の解体。こちらの石は清掃後、基礎石として利用します。
排出したコンクリートガラは、適切に産廃処分いたします。

基礎工事

タンピングランマで地盤をしっかりと締め固めます。
型枠および鉄筋メッシュの配置。
コンクリート打設工事。
解体した外柵石を砥石で削り、新設する外柵石の基礎石として利用します。
利用することで、処分費用を抑え、外観も良くなります。
利用した基礎石の上に新設の外柵石を据え付けます。接合部はコーキングや金具で補強します。
金具はすべてステンレス製でアンカーは(HILTI製)を使用しています。
養生後、砕石を枠内に入れタンピングランマで転圧し地盤を締め固めます。
新設墓石の土台にあたる四ツ石工事。接合部はコーキングや金具で補強します。
金具はすべてステンレス製でアンカーは(HILTI製)を使用しています。
ご先祖様が建立し、お参りされてきた墓石をこれからも大切にお参りしていきたい。
その想いからご先祖様からの墓石を清掃し、上座から順に並べ据え付けました。
また、新設墓石の仏石に刻まれた「南無阿弥陀仏」は施主様のお母さまが残された文字を写し彫刻しました。ご先祖様への感謝の想いが詰まった墓石改修工事でした。